フォトウェディング(結婚式前撮り)広島県のおすすめ撮影スポット帝釈峡

フォトウェディング(結婚式前撮り)広島県のおすすめ撮影スポット帝釈峡

フォトウェディング(結婚式前撮り)
広島県のおすすめ撮影スポット帝釈峡

みなさん、こんにちは!
いつもPICNIKOのブログをご覧頂きありがとうございます!本日はフォトウェディング(結婚式前撮り)おすすめ撮影スポットをご紹介。今回は中国四国地方の方におすすめの撮影スポットをご紹介させていただきます。

  1. 帝釈峡とは
  2. 地図|各種交通機関
  3. 帝釈峡撮影の際の注意点
  4. プロが伝える!!帝釈峡で撮影できる前撮り写真は?
  5. プロのメイクさんが教える、帝釈峡におすすめのスタイルは?
  6. 1日の撮影スケジュール例は(大阪市内の出発の場合)?

帝釈峡(たいしゃくきょう)とは

日本百景の一つ。三段峡と共に広島県を代表する景勝地として知られ、国内有数の峡谷でもある。地元では日本五大峡の一つと謳っている。五大峡の他の4つは確定していないという説もあるが、広島県道路企画課の公式見解によるとそれらは長門峡(山口県山口市及び萩市)・豪渓(岡山県総社市及び加賀郡吉備中央町)・寝覚の床・(長野県木曽郡上松町)・昇仙峡(山梨県甲府市)である[1]
雄橋は河川の水が長年に亘って石灰岩を侵食することによって形成された天然橋であり、帝釈峡の名勝指定とは別に、独自で天然記念物の指定を受けている。日本百名橋の一つ。町は特別天然記念物への格上げの運動を行っている(Wikiペディア 帝釈峡(広島県)

 

地図|各種交通機関

帝釈峡は広島県の山間部に位置し比較的岡山よりにあります。
中国四国地方や兵庫県や大阪からも比較的行きやすい撮影スポットです。

■大阪市内から車で片道3時間25分
大阪市内から高速代金が片道¥5,920 往復で¥9,280
帝釈峡のgoogle map

帝釈峡自体が観光スポットでアクティビィティや紅葉なども楽しめます。
撮影以外にも連泊して観光されるのもおすすめです。
帝釈峡観光協会WEBサイト

 

帝釈峡撮影の際の注意点

■帝釈峡は一部やや険しい山道もありますので靴を二足(撮影用のヒールありの靴とスニーカー)持っていくのがおすすめです。

■夏場は虫よけスプレーや日焼け止めが必要です。冬場は山間部ですので寒さに注意が必要です。夏場も比較的涼しいので夏場7月、8月の撮影にもおすすめです。

プロが伝える!!帝釈峡で撮影できる前撮り写真は?

こちらは春から夏にかけてのシーズンと秋から冬にかけてのシーズンの撮影がとてもおすすめです。春から夏にかけてのシーズンは新緑のシーズンで緑が生い茂り青々しい自然をバックに撮影ができます。
秋から冬にかけては紅葉シーズンもとても綺麗です。赤や黄色の葉っぱのイメージで撮影したい方にもそのシーズンの撮影もおすすめです。

雄橋は河川の水が長年に亘って石灰岩を侵食することによって形成された天然橋で
この岩の橋は圧巻です。岩の大迫力の前での前撮り撮影は、他のロケーションではあまり撮影できないものだと思います。

プロのヘアメイクアーティストのLEEさんが教える!!
帝釈峡におすすめのスタイルは?

ブライダルのヘアメイク歴10年目のヘアメイクアーティストのLEEさん(https://www.instagram.com/younghwa_wedding/)
大人ぽい雰囲気にもカワイイ雰囲気にもどちらの雰囲気でも合うロケーションかと思います。スタイリングは帝釈峡の緑と岩肌に大人モダンやシンプルモダンのスタイリングが合うと思います。

当日スケジュール冬バージョン

※夏の場合は集合時間が8時で全て後ろ倒し 日の入りの時間に合わせたスケジュールの為

8時に大阪堀江のスタジオ集合
→メイク
→9時30分出発🚗
→13時到着 サンドイッチを車で食べる🥪 ※持参すると◎
→13時半〜18時撮影 途中間食できるチョコレートなどがあるとよい
→21時半大阪戻り

 

以上
フォトウェディング(結婚式前撮り)おすすめ撮影スポット広島県帝釈峡でした。大人気の前撮りスポットなので是非検討してみてください。

PCINIKOではYouTubeで結婚式に関わる様々なお役立ち情報を発信中です。
気になる方は是非チャンネル登録してみてください。
【ウェディングフォト】忘れ物なし!!前撮り撮影に必要な準備物と心構え、写真のクオリティをあげる裏技も、プロのフォトグラファーが徹底解説

帝釈峡の他の写真が見たい方は公式INSTAGRAMに写真もUPしているのでそちらも合わせて
チェックしてみて下さい。

https://www.instagram.com/picniko_wedding/?hl=ja