フォトウェディング(結婚式前撮り)おすすめ撮影スポット/生石高原(和歌山県)

フォトウェディング(結婚式前撮り)おすすめ撮影スポット/生石高原(和歌山県)

フォトウェディング(結婚式前撮り)
おすすめ撮影スポット/生石高原(和歌山県)

みなさん、こんにちは!
いつもPICNIKOのブログをご覧頂きありがとうございます!ピクニコは前撮り写真撮影やロケーション動画撮影をするブランドです。
本日はフォトウェディング(結婚式前撮り)おすすめ撮影スポットをご紹介。今回は関西の人や最近は関東からわざわざ和歌山まで来て撮影するお客様も増えている、和歌山県の生石高原をおすすめしたいと思います。ナマイシと読む方もいるかと思いますがオイシ高原と読みます。それでは早速ご紹介していきたいと思います。

  1. 生石高原とは
  2. 地図|各種交通機関
  3. 生石高原撮影の際の注意点
  4. プロが伝える!!生石高原で撮影できる前撮り写真は?
  5. プロのメイクさんが教える、生石高原におすすめのスタイルは?
  6. 1日の撮影スケジュール例は(大阪市内の出発の場合)?

生石高原とは

和歌山県北部高野山から海南市方面へ延びる長峰山脈の一角をなしている高原である[2]生石高原は、海草郡紀美野町中田と、有田郡有田川町生石にまたがる高原であり、生石ヶ峰(標高870m)を中心に隆起準平原の平面が続いている[3][2][1]。その山頂一帯はススキで覆われた約13haの大草原となっている[4][2]の新緑、ススキのシーズンは関西一円から、数多くの観光客が、その自然に触れることを目的に集まってくることでも知られている[2]。また山頂からの眺望も非常に良い[2]ことも相まって、和歌山県内有数の行楽地となっている。とりわけ、ここから見た元旦の初日の出は美しいとされている[5]。 wiki参照

地図|各種交通機関

地図でいうと和歌山県の北部に位置しており大阪からでも比較的近くて行きやすい立地です。生石高原近くの山道は少し道が狭くなっているので大きい車などは少し行きにくいかもしれないので注意が必要です。

■大阪市内から車で片道1時間31分
大阪市内から高速代金が片道¥4,430 往復で¥8,860
https://goo.gl/maps/jxXR7YRPZTdtqYUe9
〒640-1114 和歌山県海草郡紀美野町中田
キャンプ場や売店、駐車場も併設されており撮影にはかなり便利です。

生石高原撮影の際の注意点

■ススキの見頃は10月上旬から11月中旬になります。注意点はシーズンの時期は平日でもかなり混雑するので、なるべく土日、祝日よりも平日の方がおすすめです。

■ロケーション撮影の中でもかなり撮影しやすいです。近年かなり人気の観光スポットになっているので岩場で撮影は長蛇の列ができていることもしばしばあり、岩場で撮影をしたい方は、メインタイムをずらしての撮影をおすすめします。

■一番のおすすめはススキが黄金に輝くマジックアワーです。

動画オープニング撮影にもおすすめ

動画オープニング撮影のポイントはドローンを飛ばして撮影がおすすめです。広大なススキ畑を歩く2人を上空からダイナミックに撮影ができるのでとてもおすすめです。


10月上旬から11月中旬シーズン以外も夏場の5月から7月ぐらいの季節も緑が沢山の高原としておすすめです。この時期は観光客も少ないのでとても撮影しやすいです。

3月から5月までの時期は注意が必要
山焼きや刈り取りがあります

成長したススキを肥料に来年に向けて一度山焼きもしくは刈り取りがあります。
この時期は撮影には適していないので注意が必要です。

生石高原撮影スケジュール

 

11時に大阪堀江のスタジオ集合
→メイク
ご飯を食べる
→12時30分出発🚗
→14時到着
→14時半〜18時撮影 途中間食できるチョコレートなどがあるとよい
→19時半大阪戻り

 

以上
フォトウェディング(結婚式前撮り)おすすめ撮影スポット関西圏/生石高原(和歌山県)でした。大人気の前撮りスポットなので是非検討してみてください。

PCINIKOではYouTubeで結婚式に関わる様々なお役立ち情報を発信中です。
気になる方は是非チャンネル登録してみてください。
【ウェディングフォト】忘れ物なし!!前撮り撮影に必要な準備物と心構え、写真のクオリティをあげる裏技も、プロのフォトグラファーが徹底解説

生石高原の他の写真が見たい方は公式INSTAGRAMに写真もUPしているのでそちらも合わせて
チェックしてみて下さい。

https://www.instagram.com/picniko_wedding/?hl=ja